日本製と海外製の機械式時計はどちらが良いのか?

日本製の時計は腕利きの職人が手掛けたものが多い

日本製の機械式時計は、日本人の生活様式に合わせて腕利きの職人が製図から製作までを手掛けているものが多く、ビジネスマンを中心に高い人気を得ています。特に、日本製のパーツにこだわった機械式時計は、秀逸なデザインはもちろんのこと、耐久性の面でも申し分のないアイテムとして重宝される傾向があります。日本製の有名ブランドの機械式時計の多くは、使用中に針やムーブメントが動かなくなったり、ベルトに不具合が生じたりした際にすぐに修理を依頼することができます。なお、既に生産が完了した一点物の日本製のアイテムは、数百万円の価格で売買が行われることもあり、幅広い年齢のコレクターの間で注目が集まっています。

海外製の時計はゴージャスな素材の魅力を楽しめる

著名な海外のファッションブランドが製造している機械式時計の中には、宝石や貴金属などゴージャスな素材の魅力を楽しめるものが少なくありません。また、最近ではユニセックスの機械式時計のラインナップを充実させている海外のブランドもあり、記念日の際に夫婦やカップルでおそろいのアイテムを入手することができます。海外製の機械式時計は、日本製の製品とメンテナンスの仕方が異なることもあるため、使用中のトラブルに備えるうえで、購入後の修理対応がしっかりとしている正規の販売店を購入先に選ぶことがポイントです。その他、海外のセレブが愛用している一流ブランドの機械式時計については、コレクター向けのオークションサイトなどで破格の値段が付くこともあります。

ウブロは1980年にカルロ・クロッコによって設立されたスイスの高級時計メーカーで、会社名の由来はフランス語の「舷窓」です。