世界中が直面する課題、壁面緑化で建物をクールに

地球温暖化対策は可及的速やかに、壁面緑化という選択

地球温暖化が進んできました。世界中のリーダーが未知の脅威に対して、全力で取り組んでいます。日本国内だけに焦点を絞っても、温暖化の影響は甚大です。特に雨季から真夏にかけて、激しい暑さが日本列島を襲います。気象庁が「災害級の暑さ」だと警告を出すレベルです。事実、大勢の日本人が熱中症で倒れています。以前熱中症と言えば屋外の炎天下で、スポーツやアウトドアをしている時に限り、なるトラブルだと思われていました。ところが最近では室内でも熱中症になりますし、普通に街を歩くだけでも体調不良に至ります。それ程、最近の温暖化は熾烈なものであり、可及的速やかに対策を講じなければいけません。

温暖化対策として期待されているのが壁面緑化です。ビルやマンション、学校などは壁に蔓性の植物を茂らせる事で、実際の温度を大きく引き下げられます。エアコンを利用して、室温を下げる対策だと結果的に二酸化炭素を多く排出する事になり、抜本的な対策にはなりません。

壁面緑化は家庭でも、家庭菜園と兼ねて実践

壁面緑化に向いた植物ですが、成長スピードが良好な種類がオススメです。成長に時間が掛かれば、雨季や真夏のシーズンに間に合いません。朝顔やゴーヤなどの植物は栽培も楽であり、入手も簡単です。大きな建物ではなく、個人宅にも壁面緑化は効果的です。庭やマンションのベランダで朝顔やゴーヤを、プランターで栽培すれば、太陽光を上手く遮られます。朝顔は見た目にも綺麗でSNS映えしますし、夏の風物詩として楽しめます。ゴーヤは充分家庭でも栽培でき、温暖化対策だけではなく、成長したゴーヤを収穫して食卓に取り入れられます。

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化を平屋造りの住宅で行う場合、植物が伸びすぎないように剪定をこまめに行う必要があります。植物の葉や蔓が屋根のアンテナや配線を破損させる恐れがあるためです。