電子タバコと紙巻タバコの違いとは?健康への害はない?

電子タバコは基本的にニコチンゼロ

電子タバコは基本的にニコチンゼロ・ノンタールです。タバコの葉は使われておらず、食品添加物と香料から作られたリキッドを吸引し、香りを楽しむものになっています。ニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないため、健康への害は紙巻タバコに比べてかなり少ないという研究結果があります。海外の電子タバコの中にはニコチンが含まれているものもあるので、海外から輸入した電子タバコには注意が必要です。タバコの禁断症状を和らげるといった効果はなく、基本的には禁煙には使えません。電子タバコを使うと喫煙の疑似体験ができるので、精神的な満足感を得られることで禁煙につながるという意見はあります。

喫煙所以外で吸ってもマナー違反にならない?

電子タバコは本物のタバコではないので、一般的には喫煙所以外で吸ってもルール違反にはなりません。しかし、お店によっては電子タバコもNGとしているところがあるので確認が必要です。電子タバコはまだ登場してから間もないので、明確なルールができていない自治体・施設もあります。ニコチンは入っていないものの、水蒸気は出るので不快に感じる人もいます。ルールでは禁止されていなくても、マナーに反することもあるので気をつけて吸うべきです。

加熱式タバコとの違い

加熱式タバコも電子機器によって火をつけるので、混同されやすいです。電子タバコと加熱式タバコの明確な違いは、後者では本物のタバコの葉が使われているということです。従来の紙巻きタバコと同じでニコチンやタールなどの有害物質が含まれています。両者は全くの別物と覚えておいたほうがいいです。

vapeのタバコフレーバー選びで迷ったら、メンソールがおすすめです。単品使いはもちろん、他のフレーバーと一緒に使うことも出来るので利用しやすいです。