カタログギフトを送るにはどんなメリットがあるの?送り側のメリット3選

好きな商品を選んでもらえる

カタログギフトを選択する贈り手側のメリット1つ目は好きな商品を選択してもらうことができる点です。プレゼントとして贈っても相手に喜んでもらうことができるかどうかは分かりません。まして、プレゼントは相手に不快感を与えてしまうようなものだと意味がなくなります。カタログギフトであれば、相手に商品を選択してもらうことができるので、贈る側に選択した商品についての責任を負う必要がなくなります。気苦労を減らせるメリットがあります。

価格帯が様々なで差をつけられる

結婚式の引き出物や祝い返しのときには来てもらった人の立場やもらったものの金額によってお返しに差をつけることが多いです。カタログギフトは、下は三千円程度のものから上は十万円ぐらいのものまで細かくランク分けされているので、贈る相手によって簡単に差をつけることができます。また、こちらが予算を立てて準備する際にも価格がはっきりしているので、準備する金額が分かりやすいメリットがあります。

商品選びの時間を短縮できる

相手にプレゼントを贈る場合、そのプレゼントを何にするのか考えなければいけません。また、実際にいくらぐらいのものなのか、どんな使い心地なのかという点まで調べていたのではとても時間がかかります。インターネット通販が普及をしていますが、それでも相手のことを考えてプレゼント選びをするのには時間がかかります。しかし、カタログギフトであればこうした時間を短縮することができます。結婚式など準備に忙しいときは、カタログで済ませてしまうのも賢いやり方です。

カタログギフトには、キッチン用品などの日用品や惣菜が載っているものだけでなく、お料理に特化したものやお宿だけが載ったものもあるので、送る相手によって選び分けると良いでしょう。