内祝いの意味は2種類!上手に使い分けるのが大人の作法

喜ばしいことが起こったときの「お裾分け」

内祝いとは、本来、身内で喜ばしいことがあったときの「お裾分け」という意味を持っています。喜ばしいこととは、例えば、家を新築したときや子どもが志望校への入学を果たしたとき、赤ちゃんが無事に生まれたときなどをいいます。何かおめでたいことがあったときに、知人やご近所の人など、普段お世話になっている人に報告も兼ねて渡すものです。

ただし、この場合の内祝いは決して高価なものであってはいけません。お赤飯や和菓子など、手ごろな価格ですぐに消費してしまうようなもので十分です。渡すときは、「内祝い」の熨斗をかけておきます。しかし、渡すだけでは相手は何のことかわかりません。ですから、「先日息子が無事に合格できました」など、何のお祝いかわかるように一言添えましょう。

お祝いなどをいただいときの「お礼」

内祝いのもう一つの意味とは、お祝いなどをいただいたときの「お礼」として渡すものです。例えば、結婚祝いや新築祝いなどをいただいたとき、または病気やケガをしたときのお見舞いのお礼として内祝いを渡します。この場合の内祝いの相場は、いただいた額の半額程度です。例えば、1万円いただいたときは5000円程度のものを内祝いとして選べば失礼にはなりません。

ただし、相手の年齢や立場によっては高額なお祝いをいただくこともあるでしょう。そのようなときは、いただいた額の3分の1程度を目安にします。6万円ほどのお金や品をいただいたときは高くても2万円程度で十分です。相手が目上の場合、あまり高額なお礼をするのも失礼になります。その場合は、6万円に対して1万円ほどのものでも問題はありません。

内祝いに金券を送るのは避けるべきだとされています。気持ちを送るものですので、商品券やギフトカードなど金額が表示されるものではなく、贈り物としての物を送った方が良いでしょう。