花粉対策に使えるメガネ!そのメリットとデメリットとは!?

花粉のブロック率が高い

花粉対策メガネのメリットは、目に入って来る花粉を物理的にブロックできることです。具体的なブロック率は製品によって異なりますが、顔にフィットしたものであれば9割以上の花粉を防げます。目の花粉症対策としては、薬の服用が挙げられますが、それはあくまでも症状を抑えるためのもので、花粉そのものの対策ができるわけではありません。また、静電気によって花粉を遠ざける道具もありますが、ある程度の花粉は、どうしても目に届いてしまいます。その点花粉対策メガネであれば、花粉をしっかりブロックして、花粉症を防げます。

手軽に花粉対策ができる

花粉対策メガネは、ただ着用するだけで、目を花粉から守ることができます。大掛かりな手順は必要なく、手元に用意さえしてしまえば、すぐに花粉対策が可能となります。度付きの花粉対策メガネであれば、普段使用しているメガネやコンタクトレンズからそのまま切り替えるだけで問題はありません。

見た目に影響が出てしまう

花粉対策メガネは、フードというパーツが、顔とフレームの間にある隙間を埋めることで花粉をブロックする構造です。そのため、フードは絶対に欠かせませんが、そのフードが見た目に影響しやすいです。特に横からだと、フードがあることがしっかりとわかってしまいます。したがって、おしゃれ目的でメガネを着用したり、目元がすっきりとした見た目でいたかったりする人は、フードの存在がデメリットに感じるかもしれません。ただ、花粉対策メガネの中には、フード込みでおしゃれなデザインとなっているものもあります。

メガネの花粉対策としては、フレームにフードがついている、専用のメガネを購入する選択肢があります。フード部分を外して普通の眼鏡として使える他、くもり止めの加工がなされている点も、大きな特徴です。