意外と知らない!サングラスの効果と選び方

サングラスの効果とは?

サングラスはファッションアイテムとしての効果のほかに、機能性としての効果があります。一般的に知られているのが、太陽光を和らげる効果です。晴天時に眩しさを感じたときや、水辺に行ったときに反射によって眩しさを感じたときにサングラスをすると和らぎ、視界がよくなります。また、サングラスは太陽光に含まれる紫外線から目を守る効果もあります。紫外線の影響は、肌だけだと考える人が多いかもしれません。しかし、紫外線が目に直接当たると目の細胞にダメージを与え、メラニンを作れとの脳からの指令によって結果的にシミやソバカスの原因になってしまうのです。

UVカットのサングラスをすることによって、紫外線から目を守り肌への影響を防ぐことができます。このほかに、サングラスは風によるドライアイを防ぎ、ほこりや花粉からも目を守る効果があります。

サングラスの選び方について

サングラスの選び方は、まず目的に合わせて選ぶことです。例えば、ファッションアイテムとしてサングラスを選ぶ場合は、機能面よりもデザイン重視で選ぶとよいでしょう。また、太陽光や花粉などから目を守ることを目的にしている場合は、レンズの機能などをよく確認することが重要になります。次に自分の顔によく似合うサングラスを選ぶ場合は、顔の形状とフレームの形状を合わせることです。例えば、一般的に丸顔にはスクエアやブローと呼ばれる形状のサングラスが似合うとされています。また、面長系の顔の人にはウェリントンやティアドロップといわれる形状のものが、三角顔の人にはボストンやフォックス型のサングラスが似合うといわれています。

クリアサングラスは眼鏡のような透明なレンズで、黒くないことが特徴です。また、場所を選ばずに使えることも人気を呼んでいます。